Skip to content

ステージの組み立て方法は物によって様々

コンサートやイベントなどの際によく見かけるステージですが、その種類はサイズや強度、利用目的によって様々にあります。

当然、その組み立て方法も物によって違い、ある程度の人手と工具があれば簡単に組み立てられるものから、重機などを用いて大人数で作業を行うものなどがあります。アイドルのコンサートなどで使用されるものは、ステージ上での激しいパフォーマンスや音響、照明などの設備の重みに耐えられるような強度と、パフォーマンスに必要なサイズが求められます。

また、それを見に来る人も大人数になる場合が多いので、重機などを用いて運営会社がアルバイトなどを雇って組み立てを行います。社内行事や学校行事など、小規模な行事の際に使用されるステージの場合は、より小型で簡素なものでも十分に間に合うことが多いので、その組み立ても内部の人間が数人集まってできる場合もあり、手軽に済ませられるものが選ばれることも多いのが特徴です。

どのようなタイプのステージであっても、組み立ての際に気を抜くと思わぬ事故に繋がる危険性があります。手を挟んだり足の上に部品を落としたりして怪我をすることもありますし、大規模なステージであれば重機から鉄骨を誤って落としてしまい、より重大な事故が起こる危険性もはらんでいます。

どんな作業の際にも気を抜かず、ヘルメットや安全靴を着用するなど事故を防ぎ、もしもの時にも被害を最小限に抑えられるような準備をすることが重要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *