Skip to content

ステージを組み立てるときの留意点です

学校や自治体や企業では、多くの人を集めてのイベントを行うことが少なくありません。

その際は、よりアピール度を高めるためにステージを用意することが通例となっております。舞台の上で、式典や音楽演奏、ダンスなどを繰り広げることでイベントにやってきた人に喜んでもらうためには必須との存在と言ってもいいでしょう。

タイプによって組み立て方にはさまざまなバリエーションがあります。4、5人でできる簡易タイプのものもあれば、あるいは重機を使わないとできないような大規模なものまで非常に多彩です。

規模の大小にかかわらず、ステージを組み立てるにあたっては安全第一を忘れてはなりません。怪我や事故のないように細心の注意を払って作業を進めることが基本です。とりわけ大規模なものの場合、まかり間違えば鉄骨の下敷きになってしまうリスクも否定できません。常に気を抜くことなく作業を行うべきです。

ステージを組み立てる段階での作業者の安全と同様に、実際に完成したステージの上でイベントを行う人の安全にも配慮をすることが重要です。ビスが緩んでいたり、段差ができていたり、釘が頭を出していることも考えられますので、慎重の上にも慎重になって確認することが大切です。

イベントが成功して主催者が満足し、また来場した人たちに喜んでもらうためにも、思いも寄らない事故が発生することのないように、しっかりと事前の準備には完璧を期すように徹底しなければなりません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *