Skip to content

優秀なステージ設営会社の見つけ方

コンサートやイベントなどでステージを設営する会社があります。

ステージを設営する仕事というと、アルバイトをたくさん雇って重い荷物を運んで組み立てるだけのものと思われていないでしょうか。近年は、それほど単純ではなくなっています。たしかに、公立の講堂で大学教授等が講演を行うといったシンプルなイベントであれば昔ながらのやり方で通用するかもしれません。

しかし、現代開催されるコンサートやイベントなどは、その趣向が非常に多岐にわたり、使われる舞台装置や機材も多様化しています。また開催される場所も一般的なホールや講堂をはじめ、ドーム球場、大型イベントスペース、野外など様々です。これら全ての使用される機材や開催される場所について理解し、それに適したステージの設営が出来なければイペントは行えません。今や、従来のように単に物を運び込んで順番に積み上げていくだけと言った仕事ではなくなっています。そのように進化したステージ設営の仕事を任せる会社を選ぶ際に、より良い会社を見つけるには、まず年間にどれだけ多くの現場をこなしているかに注目することです。

多くの仕事をこなしているということは、それだけ作業効率が良く、優れたノウハウを持っている会社だと言えます。また、多様化するイベントの現状を踏まえて、そこに来る観客に対する安全の配慮に力を入れているかどうかにも注目しましょう。観客席とステージを分ける安全柵、観客の移動時の事故を防ぐ通路枠、頭上からの落下物等にそなえた防護ネットといった物を適切な場所に設置するように、設営のプランがきちんと立てられているか。優秀な会社ほど、イベントの舞台同様、仕事の計画もきちんと立てられているものです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *