Skip to content

会場やイベントの規模に合ったステージを設営しよう

コンサートや出し物などのイベントの際に設営されるステージには、様々なタイプのものがあり、サイズや耐久性などはそれぞれ違います。

自分たちだけで簡単に組み立てが出来るものから、イベント会社やステージ設営を専門的に行う会社の人が専門の器具を使って大人数で組み立てるものまで数多くありますが、重要なのは会場やイベントの規模に合ったものを選ぶことです。

例えば狭い会場に巨大なステージを設営してしまうと、お客さんが入れなくなってしまってイベントの効果が薄くなってしまうということもあります。

また、ステージ上でパフォーマンスを行う人の人数やその内容に合ったものを設営しないと、思わぬ事故の原因になったり、反対に必要以上に耐久性の高いものを選んでしまって費用の無駄になってしまうという場合もあります。

社内行事などで檀上で挨拶をするだけという場合なら、動きもそこまでなく、人数も限られてくるので簡易タイプのものでも十分な場合が多いので、経費を節約するためにもそのような形が選ばれることが多いです。

ステージ上でダンスなどのパフォーマンスを行ったり、大人数が一度に登壇する場合などは、それなりの強度のものが必要になりますが、どれくらいのものが最適なのかということは、経験を踏まえた上で計算する専門にイベント会社などに任せた方がいいでしょう。

素人考えで規模に合わないものを選んでしまって事故の危険性を高めるよりは、しっかりとプロに設営を依頼しましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *