Skip to content

様々な状況に対応したステージを設営できる

ステージというと長方形の形状をしている物がほとんどですが、角が丸みを帯びている形状の物も存在します。

形状にはかなり豊富なバリエーションがあるため、様々なイベントの内容に適した形状の物を選んで設営することが可能です。一通り形状を確認してイベントの雰囲気に合った物を選ぶのが良い方法になります。

基本的な仕組みは、天板と脚部を組み合わせる形になっているのですが、天板も脚部も幾つかの種類が存在し組み合わせる方法により、より一層理想に近いステージの設営を実現させることが出来るのです。

脚部は長さが異なる物が4種類用意されているのが一般的で、その中から適した長さの物を2つ選び繋ぎ合せることによって希望の高さにすることが可能になっています。あまり高くないステージの方が良いときには繋ぎ合せなくても構いません。

天板についてはカーペットが敷き詰められているタイプがあり、この天板を利用して設営すると足音を抑えたステージを組み立てることができるというのがメリットです。他にも足が滑りにくいように加工されている天板も用意されているため用途に応じて選んでおくと怪我などのトラブルを防ぐことに繋がります。

このように様々なことに対応できるというのが魅力の1つなのですが、更に地面が傾いている場所でもステージの設営が可能となっているのです。ハンドルを回転させることによって脚部の長さを調整できる物が存在していて、その脚部の長さを上手く調整することによって水平を維持できるという仕組みになっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *