Skip to content

ステージの部材を購入して設営する方法もある

ステージを設営する状況によっても違ってきますが、ミュージシャンが個人でライブやコンサートを開催するということはほとんどありません。

ほとんどの場合はイベントを学校や自治体、企業などが協賛して企画し、そこからバンドや個人のミュージシャンなどを募集したり依頼したりするのが一般的です。ステージはレンタルして立てる場合でも購入して立てる場合でも、立てるのにかかる費用はイベントを運営する組織が負担することになります。そのためステージを設営する作業は会社同士のやり取りで進められることになります。運営する組織は予算の範囲内で運営していく必要があるので、できるだけお金がかからないようにする方が良いです。

ステージを設営する作業を運営する組織で行うことができれば依頼して設営してもらうよりも費用が抑えられることになります。毎年繰り返し行われるイベントだと組み立てる部材を買って運営するスタッフが設営すると買った翌年からは依頼する費用が発生しなくなるため数年後には初期費用も取り戻すことが可能です。会社が独自に開催するイベントならば、なおのこと自分の会社用の部材を買ってしまった方が経済的になります。

ステージの部材はおよそ100万円ぐらいするので会社にとって経済的な負担が少なくありませんが、イベントの度にレンタル費用が発生することを想定すると購入した方が良いです。協賛しているイベントで部材を貸し出せば利益を得る機会もありますし気軽にいつでもイベントを開催することができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *